日経225先物システム・ノウハウ徹底比較

日経225先物システム・ノウハウ徹底比較

 

 

日経225先物を極めよう!

 

 

あなたは「先物取引」と聞くと、ハイリスクな投資だと思っていませんか?

 

「日経225先物取引」は、「日経平均」という経済指標の動向を当てるだけの、とてもシンプルかつ分かりやすい投資です。

 

「日経平均」というのは、ニュースなどでも1度は耳にしたことがあると思いますが、日本を代表する大手企業225社の上場銘柄を平均 (加重平均)して割り出す指標で、その数字は日本経済の目安とされています。

 

先物取引市場では、この日経平均の数字自体が、まるで一つの株の銘柄のように売買されており、これを「日経225先物」と呼ぶのです。

 

この日経225先物取引は、いわゆる「指数先物取引」で、個別の株式への投資に比べより有利な点がいくつもあります。

 

 

 

絶対に倒産しない

 

個別の株の売買でははありませんので、「倒産リスク」がまったくありません。日経平均は1社の株価ではなく、225社の平均株価なので、日経平均が“ゼロ円”になることは絶対にないのです。

 

 
 

大きなレバレッジ

 

日経225先物取引では、大きなレバレッジがかけられるので、少ない証拠金で大きなリターンが狙えます。日経225mini先物なら、1枚3万円〜5万円の証拠金で、日経平均を100倍として使うことができ、日経平均が10円動くと1000円の利益を出すことが可能です。株の信用取引(約3倍)と比べるとケタ違いの資金効果です。

 
 

必ず売れる安心感

 

日経225先物取引は出来高が多く、売りたい時に必ず売れ、買いたい時に必ず買えます。また、夜間(16:30〜翌朝3:00)も売買ができるので、万が一、日中に決済で失敗したり、深夜に外国で事件が起こってマーケットが急変した時でも、翌朝を待つことなくすぐに決済ができます。

 
 

誤魔化せない公開情報

 

個別株の場合は、「仕手株」「未公開株」など、一部の人しか知らない特別な情報で株価が操作されたり、一般人がダマされたりすることがあります。しかし、「日経平均」なら、毎日、新聞やテレビのニュースで全国に公開されており、決して誤魔化すことができない数字です。実態のわからない投資対象よりも、公開されていて身近な存在である日経平均は、投資先として安心できます。

 

期間限定無料公開中♪

コンテンツ

売れています!


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 商品一覧 豪華購入者様特典 特典の受け取り方 お問い合わせ